What is Fairtrade?

"フェアトレードについて。"







みなさんはお買い物をする時、原料や産地を気にしても、それらが「どのようにして生産され、取引され、消費者のもとまで来たのか?」を考えますか?


例えば、量販店で売られているコーヒーやチョコレート、衣類など、大きなメーカーの格安なもの、はたまた有名ブランドの品々は、「Made in 〜」とか「○○産」とは書いてあっても、それがどんな労働環境で作られ、取引されてきたのかは分かりません。


世の中に広く出回るコーヒー豆やカカオ、綿花、鉱物といった1次産品と言われるものは、主に南の発展途上国で生産、採掘されるものですから、日本などの先進国にいる私たちには、遠い国の出来事であり、その生産の背景について、知ろうとしなければ、ずっと知らないまま、「安い」「かわいい」だけのお買い物を続けることになります。


大量に生産される安価な良品が安いのは、原価が安いからですが 、とにかく安く抑えて効率的に大量生産するために、どんなことが起こっているのでしょうか。


児童労働や、立場の弱い生産者に突きつけられる安い取引価格、大量の農薬による健康被害や大規模なプランテーションの拡大による環境破壊。


それは、弱い立場の生産者に対するアンフェアな取引が続けれられていること、そして消費者がそういった商品を購入するために、起こっていることです。
つまり私たち消費者が、農民の貧困や環境破壊に加担しているといえるのではないでしょうか。






そういったシステムに疑問を感じた人たちの活動により徐々に広まってきたのがフェアトレードです。
フェアトレードとは、従来の取引方法の代替手段となる取引の方法。弱い立場の生産者に対し市場への公平なアクセスを確保する手助けをしたり、見合った対価の支払いはもちろんのこと、児童労働や差別の禁止、持続可能な環境の保護といった様々な事柄が定められ、また実際にそれらが順守されているか第3者機関により常にモニタリングされます。労働者への賃金などといった細かなことまで、透明性が確保されます。


これにより、生産者の中でもさらに立場の弱い女性の地位向上、また援助を受けるのではなく、自分達が主導となって公正な取引を進めていくという、彼らが自立していく意識の向上にもつながっていきます。
子供達には学校に行き教育を受ける機会が与えられたり、オーガニック農法が推進されたりします。


フェアトレードに参加し、認証団体により認証を受けた生産者団体には、フェアトレードラベルの使用が認められます。消費者は、ラベルがついていれば、その商品は、生産から商品化に至るまで、フェアトレードの基準に沿っているか監視されてきたものであると分かります。


ラベルを取得するには、時間と手間、お金がかかることなどから、ラベルを取得していないけれども優れた活動をしている小さな生産者団体もあります。


フェアトレードに対する意識の高いメーカーで、ラベルのついていない商品を扱っていることもあります。ラベルがなくとも、直接的に信頼関係を築き、実際に現地にて様々な面から労働の様子を確認したり、定期的に生産地を訪れ、また定期的に再評価することで、フェアで倫理的であることを宣言している場合もあります。







当店がお取引しているメーカーさん達の商品の中には、フェアトレードのラベルがついている商品もあればついていない商品もあります。
ラベルがついていればなんとなく安心感がありますが、私個人としては、ラベルの有無よりもそのメーカーの姿勢を見ています。
そのメーカーが発信しているもの、活動の状況など、HPをそのまま信用するのではなく、自分の中の価値観を基準にしています。もちろん積極的に問い合わせをすることは欠かせません。


どんなことでもそうですが、全てを自分の目で見て確認することはできないと思っています。あふれるほどの情報やモノの中で、個人個人が、疑問を持つ姿勢を忘れずに、慎重に選び取っていくことの重要性を、とても感じています。


日本でも普及してきたとはいえ、スーパーではフェアトレードの文字はまだあまり見かけませんが、何かお買い物をするとき、値段やブランドだけを見てカゴに入れるのではなく、ちょっと立ち止まって、その商品の背景を想像してみることから、始めてみませんか?


ページトップへ