Why choose organic cotton






"フェアトレードのオーガニックコットンをえらぶ理由。"




JOCA(日本オーガニックコットン協会)によりますと、オーガニックコットンとは

「オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って2 〜 3 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、 認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のことです。
オーガニック・コットンは、紡績、織布、ニット、染色加工、縫製などの製造工程を経て最終製品となりますが、この全製造工程を通じて、オーガニック原料のトレーサビリティーと含有率がしっかりと確保され、化学薬品の使用による健康や環境的負荷を最小限に抑え、労働の安全や児童労働など社会的規範を守って製造したものを、オーガニック・コットン製品といいます。」


とあります。
では、「オーガニック、フェアトレード」でないコットン、つまり一般的に大量生産される衣服に使われているコットンは、一体どのようなものなのでしょうか?

一般的な綿花栽培では、効率的に生産するために恐ろしいほど大量の農薬や殺虫剤(世界的な使用量の約25%)が使われています。
ヘリコプターで空中から農薬を撒かれ、農民は、その下で農作業をする。
小さな子供も、防護もない格好で殺虫剤を手で撒く。
製造段階でも、例えば真っ白なTシャツを作るために、強力な塩素系漂白剤が大量に使われています。(無漂白のコットンは真っ白ではなく生成り色。また殻のかけらが所々残っていたりします。) 
そして、体調が優れず、病にかかり、しかし農薬漬けの綿花栽培を続けざるをえない、という農民が世界にたくさんいるという事、またこの農薬自体購入することができないために、綿花栽培を続けられず路頭に迷う農家がいるという事、そしてそれだけの化学薬品が日々地球の水や土壌を汚染しているという事に、もっと多くの人が疑問を感じるべきではないかと思うのです。
普段手にする商品の背景について、より多くの人が関心を向けるべきではないでしょうか。


ちょっと目を向ければ、そういった従来のやり方ではなく、代替的な手段、つまりオーガニックコットンを栽培し、フェアトレードという手段で市場に送られてきた商品を購入することができます。
第3者機関の認証を受けた、フェアトレードオーガニックコットンなら、少なくともこの商品の製造過程では非倫理的なことは行われていないということが分かります。

栽培、収穫、製造の全工程で、化学薬品の使用をゼロまたは最小限におさえ、農民が健康被害もなく、公平な待遇・賃金を受け取り、非人道的な労働や児童労働も行われていない、という保証は、悲しいことに当たり前ではないのです。

安く大量に仕入れられた「フェアトレード・オーガニックでない」コットン製品を求める人の方が多い現状はそう簡単に変わらないだろうし、そんな単純な問題ではないとは思います。

しかし、私達消費者に「選択肢」がある、ということです。


・・・・・

もちろん、オーガニックコットンは消費者にとっても、良いことばかり。
ソフトで、上質、そして丈夫です。栽培から製造の仕上げまで薬漬けの一般の綿製品と違い、繊維が丈夫で、やさしいソフトな触り心地。
一般の製品のように製品の仕上げに防縮や柔軟のための化学薬品も一切使用されていませんから、そのまま安心して着ることができます。
染色やプリントも、環境への負荷が少ない方法で行われているので、色合いもナチュラルです。
(当店取扱いブランドの染色は、GOTSという世界基準により認定されています。日本語はコチラ»
また、当店で扱っているようなファミリーブランドのオーガニックコットン衣類は、既存のものに満足せず自分達で始めてしまったという、意識の高い人々が運営しているため、そのデザイン性やクオリティもポイントです。
他と違う、「こういうのが欲しかった!」というものが見つかるのではないでしょうか?

ぜひ当店のエシカルオーガニックコットンブランドをご覧ください☆