HOME > Wind Farm
  • オーガニックコーヒー,ウィンドファーム,通販
  • オーガニックコーヒー,ウィンドファーム,通販
  • オーガニックコーヒー,ウィンドファーム,通販
  • オーガニックコーヒー,ウィンドファーム,通販
  • オーガニックコーヒー,ウィンドファーム,通販
  • オーガニックコーヒー,ウィンドファーム,通販
  • オーガニックコーヒー,ウィンドファーム
  • オーガニックコーヒー,ウィンドファーム,通販

中村隆一さんが代表をつとめる株式会社ウィンドファームは、30年近くも手間ひまかけて栽培されたオーガニックコーヒーのフェアトレードを続けています。その真っ直ぐな姿勢で、日本の消費者のみならず現地の生産者からも厚い信頼を寄せられる、本当に素晴らしい会社です。

オーガニックコーヒー,ウィンドファーム,通販





コーヒーは、コットンに次いで農薬が多く、環境にも生産者にも過酷な状況を強いているケースの多い市場です。その中で、ウィンドファームはコーヒーの有機栽培と持続可能な農法、そしてフェアトレードを広めるべく長年にわたり活動し続けている会社なのです。
ただ有機栽培だから良いというだけでなく、その中でも信頼のおける生産者とだけ契約をしているということが、コーヒーを飲めば分かります。コーヒーを入れるたび、丸ごとの安心感と、そのこだわりの美味しさを味わっていただけるでしょう。
コーヒー豆の精製で残ったコーヒーの果肉や殻をミミズコンポストで堆肥化して肥料として活用したり、コーヒーの樹の間にマメ科の植物を植えて緑肥にする取り組みであったり、コーヒー果実からアルコールを作り、コーヒーの害虫であるブロッカという虫を捕獲するトラップを作ったりと様々な方法で有機栽培を持続しています。





コーヒー栽培で一般的な、大規模に木を切りたおした広い農場で、コーヒーだけを栽培するプランテーションではない、森林農法(アグロフォレストリー)にも取り組んでいます。
様々な種類の木がある森の中では、コーヒーが分散していて作業に手間がかかる一方、生産者の暮らしを支える面もあります。たくさんの種類の木があることで、森から、食料、薬、木材、飼料、燃料、樹脂など多くの種類の恵みを得ることができ、さらに生物多様性の保護や地球温暖化の防止の観点からも有効な農法なのです。




森林農法のコーヒー園では、いろいろの背の高い木・低い木、草などに交って、コーヒーの木も育っています。





フェアトレードの意義について、以下ウィンドファーム様HPより抜粋させていただきます。

「弊社では、生産者が決めた価格で買い取り、生産者の経済状況に応じて通常、半年から1年の先払いをしています。
また、一般の会社が支出していないことにも支出していることが多々あります。
例えば、産地で働く技術指導員の給与の支援、生産地域の図書館を作る支援、農道整備や天災(霜や雹の害など)の復興支援をしたこともありました。

エクアドルの生産地域での「鉱山開発」を食い止めるため、地元の環境保護団体に寄付したり、この問題を広く知ってもらうために国際会議を開催したこともあります。
もし、鉱山開発が始まってコーヒーが生産できなくなったら、他の生産者を探すのが一般的なやり方かもしれません。しかし、弊社の考えるフェアトレードというのは、生産者と共に森を守る活動を一緒にやっていくことも含んでいます。」


「弊社では、有機栽培であることを重視しています。
一般的には、生産者からの買い取り価格の部分が、フェアであることが重要とされ、農薬や化学肥料を使っていても(つまり有機栽培でなくても)フェアトレードと呼ぶこともあるようです。

しかし、弊社ではフェアトレードの「フェア」に色々な意味を込めています。
人と人とのフェアや、人と他の生物とのフェア、今の世代と未来世代とのフェア。
有機栽培であることは、価格面だけではないフェアを大切にする上で重要だと考えています。」








ウィンドファームでは、コーヒーの美味しさを最高の状態で味わって欲しいという思いから、注文を受けてから、焙煎専門のスタッフがそれぞれの豆の状態を見極めながら焙煎しています。


ぜひこの機会に、美味しいフェアトレードオーガニック珈琲をお試しください。

オーガニックコーヒー,ウィンドファーム,通販





商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ